注目銘柄 (株探チャート)
今週の狙い目は?→ にほんブログ村 株ブログ 新興株へ
↓ポチよろしくお願いいたします→
株式投資

2017年08月16日

AIoTに向けて、マーケットは不感だが、ホルダーは感じているはず(2)

先日ニュースになった、
「シノプシスとモルフォ社、エンベデッド・ビジョン・アプリケーションの
ディープ・ラーニング・プロセッシングの高速化で協業」

筆者はこのニュースに対して、
デンソーとの提携にも並ぶほど強烈なニュースなのでは?と思った

ところが、北朝鮮情勢の悪化により、このニュースはまたも雲散された格好に。

おそらく大多数の方がこのニュースについては「???」だったと思う。

もちろん、私も専門分野ではないので完全に理解しているわけではない。

以前にもこの点について触れたことがあるが、ちょっとおさらいしてみたい。


【CPU・GPU・エッジコンピューターについて】

コンピューターチップでCPUとGPUというものがある。

CPUはPC全体を動かす心臓部なのだが、
処理能力(コア数)は高くないが、複雑でいろいろな処理ができる。

GPUは画像処理に特化しており、本来CPUが行う画像処理を専門的に行う。
処理能力は高く、一気に(画像)処理を行う。

つまり、GPUが貧弱だったり、画像データを保管するVRAMが少なかったりすると
画像処理が追いつかず、画面が止まったり、正常に表示されたなかったりする。

さて、人工知能であるディープラーニング(DL)。
仕組みとしては膨大な行列演算処理が必要で、CPUの能力ではとても足りず、
単純作業の処理能力が高いGPUにやらせようというのが今の流れ。

GPUを利用したDLの最先端はNVIDIAが走っており、
この一年で名前も多く知られるようになった。

ところが、このGPU、欠点もある。
GPUを多く搭載すればするほど、高い処理能力が得られるが
一方、消費電力がとんでもなくかかることになる。

例えば、電力供給に問題ないAI画像認識の製造ラインなんかであれば
GPUを多く搭載し、クラウドを利用した高い画像認識能力で
不良品の判別なんかが可能になるのですが、

スマホで撮影した写真を画像認識するのにGPUを多く搭載すると、
スマホの基本スペックが高くなければいけないだろうし、スペックが高いとしても
限界(100%の認識ができないことや、データ量の制限)があるのではなかろうかと。

自動運転ならば、さらにスペックの制限(=軽いもの)が求められることだろう。

そこで、モルフォが得意としている
「エッジ(デバイス側)のDL」の出番となる。

これは2016年10月にGPUTECHでモルフォが講演した時の資料であるが、
ここまで言ったことをわかりやすくまとめてある資料になっているのでぜひ一読願いたい。
特に重いクラウドの対義として、軽いエッジと説明しているが、なるほどと思う。
2016年の時点でここまでエッジのDLが進んでいるとすると
NVIDIAやシノプシスとの関係も昨日今日の話ではなさそうですね。
https://www.gputechconf.jp/assets/files/1028.pdf (2016.10GPUTECHより)

また、今年9月に開催されるSNUG Japan 2017において、
組込み機器に最適な低消費電力ニューラルネットワーク画像認識IP
“EV6x+CNN”の講演があり、
今回のモルフォ&シノプシスのニュースに関係する内容と思われる。

”+CNN”の部分が、モルフォのDLということになるだろう。

この講演会、こんな面々がアドバイザリーになっている。

株式会社デンソー
コニカミノルタ株式会社 
株式会社ソシオネクスト 
東芝デバイス&ストレージ株式会社 
パナソニック デバイスシステムテクノ株式会社 
三重富士通セミコンダクター株式会社 
ルネサス エレクトロニクス株式会社 

表立ってモルフォは出てきてはいないだろうが、
すでにつながりがあるデンソーや東芝のほかに
シノプシスを経由してパナ、富士通、ルネサスなんかにつながりが出てくれば、
自動運転や電子ミラー以外でも熱いビジネスが行えるようになるのではと思いますが。

マーケットは不感でも、ホルダーだけが感じていれば、
結果はあとで付いてくるはずです。






posted by もこつち at 17:34| 東京 ☔| Comment(0) | モコモル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

結構大きいはずだが・・?

今日の朝の市況チェック。

やはり北朝鮮の動向が気になり、ダブルインバを寄りで仕込み。
幸いにも、個別はさほど建てておらず、今日の下げは大きな影響もなかったのだが。

仕事が一段落した10時ころにモルフォが火柱。
材料を確認したところ、

「シノプシスとモルフォ社、エンベデッド・ビジョン・アプリケーションの
ディープ・ラーニング・プロセッシングの高速化で協業」

日本シノプシス社からのニュースはこちら。
https://www.synopsys.com/ja-jp/japan/press-releases/2017-08-08.html

そして、株価が今のように、さえなかった4月下旬にシノプシスについてふれたのがこちら
http://mokofund.seesaa.net/article/449383061.html

今回のニュースは4月下旬に話をしていたことが、正式に発表されたもの。
4月の時点では、はっきり Morpho Scene Classifier と 
DesignWare EV6x の組み合わせと
明示されていなかったが、この話はおそらく
かなーり前から進んでいたものと思われる。
(というか、モルフォのニュースは、こういうのが多いんですよホント)

先日のブログで、来年はAIoTがテーマになる!と言ったが、
今日のニュースはまさしく、AIoTど真ん中。

モルフォの認識&自動タグ付けアルゴリズム Morpho Scene Classifier、
こいつがDW-EV6xと合わさることで
劇的に省電力でエッジ側であるモバイル機器や
ビデオ監視システム向けの画像・動画認識分類ができるということ。

たとえば・・・
監視カメラにEV6x
映像カメラにEV6x
FA機器にEV6x
電子ミラーにEV6x



ニュースでのEV6xの説明には「先進運転システム(ADAS)、
ビデオ監視、拡張/仮想現実(AR/VR)、自己位置と地図の同時推定
(SLAM:simultaneous localization and mapping)」とある。

まぁ、まとめると

@時価総額 11500億円のシノプシスに255億円のモルフォの技術が認められた
Aこの協業により、モルフォの技術もグレードアップ(になるはず)
B認識が必要なカメラ向けに幅広い用途

シノプシスはモルフォと同じ10月決算。
提供開始は2017年4Q(8-10月)ということで、
来年以降、”ライセンス料”という形でモルフォの業績に寄与するはず。

GPUでOKなものはNVIDIA
GPUじゃちょっとダメなものはDW-EV6xですみわけ
(しかもどちらもモルフォが絡んでいる??)

シノプシスの副社長のコメント
「低消費電力が求められるアプリケーションの画像処理タスクの
精度/速度/消費電力を大幅に向上させるハードウェア/ソフトウェア・
ソリューションをご提供してまいります」
これから待っているAIoTの社会に、
これがどれだけ求められるのか・・・どんだけーである。

目先、不安定な地合いのため
今日の材料が材料視されないかもしれない。
でも今回のニュースはデンソーとの資本提携に並ぶほど、
強烈なニュースであることに気がついた時は
株価は今のデンソーラインどころか、もっと上の位置にあるでしょうねぇ。
※デンソーラインとは:デンソーに第三者割当した4700円のことを指します。

重たいモルフォは40万そこそこの出来高ではストップ高には到底なりません。
それよりも楽しみなのは信用の取り組み状況。
このニュースに気がついた向きが、こっそりこっそり動けば・・・!?
posted by もこつち at 22:48| 東京 ☁| Comment(4) | モコモル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シノプシス!

見出しのみ。
詳細はIRをどうぞ。見解については、のちほど時間があったらUPします。
まぁ、結構でかいニュースじゃないでしょうか。
posted by もこつち at 10:28| 東京 ☀| Comment(0) | マーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏枯れの○○祭り

今年はゲーム祭りで歓喜した人も多かったと思う。

とにかく、乗れた人は2倍どころか、5倍、10倍も
あたりまえの結果だった。

祭りは、かならず終わりが来る。

早いか、遅いかだけの違いだ。

昨日はKLab、通称カニの決算が
なかなか良好できっちり上げて喜んだ人も多かっただろう。

ノンホルであるが、正直いうと、
内容に違和感というか、物足りなさを感じた。

(注:おもいっきりキャプ翼世代ど真ん中、化ける要素十分のIPだとは思います)

この違和感は絶賛下降中の某ゲーム銘柄にも通じているのだが、

ゲーム銘柄は如何に、利益をブッコ抜くかが勝負処であり

その指標となるのは利益率(営業利益率、経常利益率)と思っている。

以下ストックウェザー&四季報から拾った経常利益率。(直近、来季)

ガンホー 40%
アカツキ 39%
コーエーテクモ 38.1%
ミクシィ 35%

コロ 20%
カニ  8%
スクエニ 11%
カプ 15%
コナ 16

投資スタンスのひとつとして、
売上高経常利益率が高い会社を狙っている部分もあるが、
中にはガンホーにも匹敵する利益率を
出しているゲーム会社もある。

昔からのゲーマーである私にとっては好きな会社でもあるが、
残念なことにあまりスマホ分野はやっておらず、
マーケットではゲーム会社だがゲーム会社に非ずっていう扱い。
だってPER20倍そこそこ、PBR3倍割れって、
マザーズの中でもあんまりないですね。
(そもそもマザーズ銘柄はPER&PBRでは論じないが)

余談は置いておいて、やっぱり相場は思惑相場が一番おいしい。

あなたの持っているその銘柄、思惑ありますか?





posted by もこつち at 08:12| 東京 ☀| Comment(0) | マーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

来年のテーマ@

来年のことを云うと鬼が笑うというが、

そろそろ来年に向けて「テーマ」をいろいろ考えてみたい。

AI・IoT・フィンテック・ARVRはもはやあたりまえのテーマとなり、

今年はANYTECHという切り口で考えてみた。

ところが、もはや年度後半になろうとしているが、新興市場で買われたのは結局

ゲームと仮想通貨(フィンテック)だけという状況で
テックって何?といった状況である。


さて、来年注目しておきたいテーマは

@ AI+IoT=AIoT エーアイオブシングス

A IP(Intellectual Property)エンタメ+ARVRMR

B オリンピック

もちろん、仮想通貨、フィンテック、有機EL
自動運転、復興など主要なテーマは
押さえておきたいのは言う間でもない。

@ AIoT
ここは日本一モルフォを応援するブログであるが、
IoVを目指すモルフォにとって
ようやく2014年からの研究結果が花開こうとしている。

つまり、普通の人工知能(AI)ではなく、モノの人工知能。
モルフォはカメラに知能を持たせるがモットーであるが、
あらゆる物(THINGs)に知能(AI)を
持たせる時代が近い将来やってくる。

つまり、
人間が持つ五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)。
これをマシンが持つようになる。
マシンが五感を持つために必要なもの、キーワードは「認識」だ。
もうひとつは、「認識」して動くために必要な「土台」
つまり半導体ということになる。

A IP+ARVRMR
ふたつめは、IP。もはやレッドオーシャンとなってしまった
スマホゲームやスマホマンガなど
スマホエンタメ業界。
昔の雄のガンホー、コロプラは凋落、
今年のスター株のアカツキはまさしくIPで大当たりを掴んだ。

来年も引き続きこの傾向は続く。
大きなIPを掴み、MIXさせたコンテンツを
誕生させることができる会社が現れるのか。

ここで大事なエッセンスはAR・VR・MR
VRも専用機器の登場で利用者は増えている。
ARもポケモンGOのおかげで市民権を得た。
MRはまだまだだが、今後普及するのは間違いない。

大型IP+ARVRMR=ビッグビジネスである。

もっとも強烈なのが秋元関連。
とにかく秋元の気配を感じたら、
買っておけだ。

B オリンピック
最後は、2020年の開幕3年を切った、
オリンピック。今年はあまり物色されていないが、
来年2018年はあと2年ということもあり、
大きなテーマとして取り上げられるんじゃないか?
国民総出の一大イベント。まさに国策である。

具体的な銘柄は現在発掘中。
もちろん大型株なんか買っても旨味なし。
小型株を連想一本釣りするつもりだ。

もちろん、モルフォも絡んでいる。




posted by もこつち at 17:57| 東京 🌁| Comment(0) | マーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

頭が冷えたところで、そろそろ出動の準備

6月28日掲載のブログ

http://mokofund.seesaa.net/article/451321074.html
(そろそろ頭の冷やし頃)

5000〜5300円の窓のところでは、意外に粘ったが、
今日はマザーズ全体の売物に押され、5000円をあっさり下抜け。
マザーズ指数も3日続落、さすがに下げすぎ感はあるが、ちょっと雰囲気は悪く、
手出ししにくい雰囲気であります。

5000円で打診買いしましたが、75MA4930円であっさりLC。
ここまで来たらデンソーラインよりちょい下まで待てるでしょうか。

先月初めには頭が冷えているはずですので、
そろそろ様子見ながらリスクを取りに行ってもいいかもしれません。
正直3Qは2Qの反動ありと思いますので、上方修正等の期待はまったくしておりません。

ただ、今の新興市場はゲームバブル、仮想通貨バブルで
AI関連、自動運転関連についてはさほど相場になっていない。
大嵐の後、年後半、来年に向けての仕込みポイントはそろそろ近しと思っています。

いやぁ、デンソーラインというモルフォ独自のポイント。ありがたいねぇ。


posted by もこつち at 12:29| 東京 ☀| Comment(0) | モコモル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする